岐阜県の森と木

岐阜県の森と木

「木の国、山の国」
森林が多い岐阜県!

岐阜県の森林

岐阜県は、日本のほぼ真ん中にあって、飛騨地方には御嶽山、乗鞍岳、奥穂高岳など標高3,000mを超える高い山があり、美濃地方には濃尾平野に木曽川、長良川、 揖斐川が流れ、美しい自然があります。
岐阜県の森林の面積は86万1千ヘクタールあり、全国で5番目に広く、琵琶湖の約13倍の広さです。また、県の面積の81%が森林であり、県の面積に占める森林の割合を示す森林率では全国で2番目に高い割合です。(平成29年 林野庁 都道府県別森林率資料より)長良川沿いにはスギ、木曽川沿いにはヒノキが多くみられます。
岐阜県は、日本アルプスはじめとする山脈で県境を囲われています。また、3 つの河川を中心に豊富な水源があります。降水量も多く、スギやヒノキは豊かな郷土の中でのびのびと育つのです。岐阜県産材として東濃地方を中心とした東濃桧や長良川流域の長良杉などが有名ですが、それ以外にも岐阜県産のヒノキ・スギが多く生息し、飛騨地方には、ブナやクルミ、ナラなどの広葉樹があります。

針葉樹と広葉樹

① まずは葉っぱの違い
針葉樹の葉っぱ
広葉樹の葉っぱ

漢字を見て分かるように、細くて尖った形をしている葉の木と広くて平べったい葉の木ということになります。写真で見るとその違いが良くわかります。
スギやヒノキなどが、針葉樹と呼ばれるもので、冬でも葉が落ちない木がほとんどです。それに対して広葉樹の葉は一般的に私たちが落ち葉として良く見かけるような楕円の形の葉やモミジの様な形まで色々なものがあります。

② 分かりやすいのは木の形の違い
針葉樹の樹形

広葉樹の樹形

樹形と言いますが、針葉樹はまっすぐ上に成長する性質があり、太い幹があり、全体的に先がとがった形をしています。それに対して広葉樹の樹形は、樹種によって違いはありますが、細かく枝分かれして大きく全体的にこんもりと丸い形になる場合もあります。
そのため、建築材料としては真っ直ぐな針葉樹の方が材料を撮りやすいため、日本の木造建築では柱などにスギやヒノキといった針葉樹が使われてきました。広葉樹は枝分かれして育つため、真っ直ぐな幹ばかりではないのですが、大きく育てば柱などにも使うことができます。寺社などの柱には樹齢百年から数百年というケヤキが使われています。
またそのほかには広葉樹は木目を生かした家具や工芸品としてもよくつかわれます。

③ 材質の違い
針葉樹の木材
広葉樹の木材

針葉樹と広葉樹は木材にした時の性質も大きく違います。一般的に日本では針葉樹は比較的早く成長するので木材は軽くなります。それに比べて広葉樹は比較的ゆっくりと成長するので材質が詰まっていて重くなる傾向にあります。
ただし広葉樹の中でも例外はあり、昔からたんすに利用されてキリはものすごく成長が早いため軽い木となっています。逆に針葉樹でも屋久杉の様にゆっくりと育った木は重たくなる傾向があります。

④ 年輪の違い

針葉樹と広葉樹とでは、年輪や材料にした時の木目も違って見えます。これは細胞の違いによるものです。
水を吸い上げる木の細胞として針葉樹には「仮道管」しか存在しませんが、広葉樹には「仮道管」「道管」の両方が存在します。道管は仮道管よりも太いのです。この違いによって針葉樹と広葉樹の木材は見た目にも違ってくるのです。
針葉樹の年輪は仮道管でできていて、春にはよく成長して大きく太い細胞が作られ、冬には成長が遅く小さな緻密な細胞ができます。この細胞の差が年輪となって現れるため、はっきりと分かりやすい木目になるのです。(仮道管・・・樹液を運ぶ道管の代わりに木繊維がその役割を果たすもの)
一方広葉樹は季節による違いも多少ありますが、道管の配列によって様々な木目が出来上がります。くっきりと木目が見えるケヤキのような気もあれば、木目があまり見えない木もあります。

針葉樹広葉樹
見分け方葉が針のように細かく、多くは先端がとがっている。
またほとんど常緑樹である。
葉は広くて平たい。落葉樹と常緑樹がある。
年輪はっきりしている場合が多いはっきりしていない場合がある
組織樹液を運ぶ道管がなく、木繊維がその役割を果たす。
これを仮道管と呼ぶ。
幹は道管と木繊維からできている。
木目比較的まっすぐ通っている。複雑に変化して美しいものが多い。
材質軽くて軟らかい。堅くて重い。(キリのような例外もある)
加工性
一般に加工しやすい。一般に加工しにくいが、反面丈夫である。

森を守るために
知ってほしいこと

森林を守るためには、知ってもらいたいことがあります。木や森林の役割や、森で起きている問題、そしてこの先このままではどうなってしまうのか。より木や森林に対する理解を深めていただくことで、もっと木や森を身近に感じて欲しいと思っています。

ぎふの木“家を建
“森を守る

ぎふの木ネットでは、県産材を使った家づくりを推奨しています。県産材を使うことで、耐久性や健康に良い家を建てることができます。また、地域の産業にも良い影響があります。

ぎふの木で家を建てるなら、
ぜひご相談ください

  • 岐阜県の木について知ることができる
  • 家づくりのパートナーを探せる
  • 建築や資金計画の相談ができる
  • 「ぎふの木の家」を見学できる

お問合せはこちら

058-271-3111

お問合せフォーム
コンセプトブック

「木材」の魅力がひと目で分かるコンセプトブックを作成いたしました! これから家を建てる人に知ってほしい、木のチカラをご紹介。

ぎふの木で家を建てる 企業・団体を探す

ぎふの木で家を建てられる工務店や、融資をしてくれる銀行、ライフプランを相談できるFPなどが多数登録。あなたの家づくりのパートナーを見つけられます。

岐阜県産材施工事例

岐阜の木を使って建てられた住宅や公共施設などの事例をご紹介いたします。

ぎふの木で作る 岐阜県産材商品 
It is a product made from Gifu Wood

岐阜の木で作られたプロダクトや、県産材を使った建築プランなどをご紹介いたします。

Dr.みのりんの実験室 Dr. Minorin’s Laboratory 岐阜大学 名誉教授 箕浦秀樹 協力

箕浦秀樹名誉教授が、岐阜の山や森について取材したり、実験したり、工作したりする実験室です!

対談 cross talk

大学教授や木材関連企業の代表など、岐阜の木に深く関わる方達に対談してもらう連載企画です!

見学についてはこちら