ウッドショックで外材不足!?

ウッドショックが起きて…

今まで国産材があまりにも使われてこなかったのは、戦後に植えた木が若いうち木材として使えなかったので、外国産材を使おうと輸入を始めた結果なのです。また、当時日本の木材生産の水準があまりにも低すぎて、サイズも品質もバラバラで使いにくいとなってしまっていた。外国産材の方がいいとなっていたのです。

ところが、ここ数年にわたる「新型コロナウィルスの蔓延」それに端を発した「ウッドショック」「ウクライナとロシアの問題」など大きな問題が起こりました。
外国産材が値上がりしたことで、国産材にも注目が集まりました。
さらには、地球温暖化の原因ともなる温室効果ガスでもあるCO2を吸収する木材に注目が集まり、カーボンニュートラルの観点からも国産材への関心が高まってきています。

現在の県産材の流通量を増加させるためには、強固なサプライチェーンを作る必要があります。このタイミングで、いかに県産材をうまく流す仕組みを作れるかがとても重要になってきています。

コンセプトブック

「木材」の魅力がひと目で分かるコンセプトブックを作成いたしました! これから家を建てる人に知ってほしい、木のチカラをご紹介。

ぎふの木で家を建てる 企業・団体を探す

ぎふの木で家を建てられる工務店や、融資をしてくれる銀行、ライフプランを相談できるFPなどが多数登録。あなたの家づくりのパートナーを見つけられます。

岐阜県産材施工事例

岐阜の木を使って建てられた住宅や公共施設などの事例をご紹介いたします。

ぎふの木で作る 岐阜県産材商品 
It is a product made from Gifu Wood

岐阜の木で作られたプロダクトや、県産材を使った建築プランなどをご紹介いたします。

Dr.みのりんの実験室 Dr. Minorin’s Laboratory 岐阜大学 名誉教授 箕浦秀樹 協力

箕浦秀樹名誉教授が、岐阜の山や森について取材したり、実験したり、工作したりする実験室です!

対談 cross talk

大学教授や木材関連企業の代表など、岐阜の木に深く関わる方達に対談してもらう連載企画です!

見学についてはこちら